Updated on 2023/11/28

写真b

MIURA Daiki

Assistant Professor

Title

Assistant Professor

Degree 【 display / non-display

  • 博士(農学) ( 2004.03   東京農工大学 )

Employment Record in Research 【 display / non-display

  • Tokyo University of Agriculture   Faculty of Applied Bio-Science   Department of Bio-Science   Research Assistant

    2006.04 - 2007.03

  • Tokyo University of Agriculture   Faculty of Applied Bio-Science   Department of Bio-Science   Assistant Professor

    2007.04 - 2017.03

  • Tokyo University of Agriculture   Faculty of Life Sciences   Department of Bioscience   Assistant Professor

    2017.04

Professional Memberships 【 display / non-display

  • 日本薬理学会

    2023.12

  • 日本薬学会

    2023.03

  • 日本栄養・食糧学会

    2002.04

  • 日本農芸化学会

    2001.04

Qualification and License 【 display / non-display

  • Hazardous Material Handler (second kind)

Papers 【 display / non-display

  • Autism-associated ANK2 regulates embryonic neurodevelopment Reviewed

    Shotaro Kawano, Masayuki Baba, Hotaka Fukushima, Daiki Miura, Hitoshi Hashimoto, Takanobu Nakazawa

    Biochem Biophys Res Commun   605   45 - 50   2022.05

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.bbrc.2022.03.058

  • PI3K regulates BMAL1/CLOCK-mediated circadian transcription from the Dbp promoter. Reviewed

    Morishita Y, Miura D, Kida S.

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   29   1 - 10   2016.03

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    Dbp遺伝子プロモーターにおけるBMAL1/CLOCKの仲介するサーカディアン転写活性化に対するPI3Kの制御メカニズム解析

  • Roles of CREB in the regulation of FMRP by group I metabotropic glutamate receptors in cingulate cortex Reviewed

    Hansen Wang, Yoshikazu Morishita, Daiki Miura, Jose R Naranjo, Satoshi Kida, and Min Zhuo

    Molecular Brain   5 ( 27 )   e27 - e27   2012.08

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    ドミナントアクティブなCREB変異体を過剰発現する成体マウスのACCニューロンにおいてmGluRを活性化した場合、FMRP遺伝子発現量が増加した。一方、シナプス可塑性に関係するDREAM遺伝子については、カルシウムイオン非感受性変異体を過剰発現するマウスにおいて、FMRP遺伝子発現量に変化は観察されなかった。したがって、転写調節因子CREBは、mGluRsを介してFMRP遺伝子の転写を制御することが考えられた。

    DOI: 10.1186/1756-6606-5-27

  • Effect of apple polyphenol extract on hepatoma proliferation and invasion in culture and on tumor growth, metastasis, and abnormal lipoprotein profiles in hepatoma-bearing rats. Reviewed

    Daiki Miura, Yutaka Miura, Kazumi Yagasaki

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   71 ( 11 )   2743 - 2750   2007.11

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    in vitroとin vivoにおいて、ラット腹水肝癌細胞(AH109A)の増殖と浸潤に対するりんごポリフェノール抽出成分(APE)の抑制効果について解析を行った。その結果、APEを経口投与したラット血清は、AH109Aの増殖と浸潤を抑制した。また担癌モデル動物に対するAPE摂取の効果を解析した結果、癌の増殖・転移に対して抑制傾向を示すことが示唆された。さらに、血清中の(VLDL+LDL)-Chの有意な低下が観察された。

  • Hydroxymatairesinol and its mammalian metabolite enterolactone reduce the growth and metastasis of subcutaneous AH109A hepatomas in rats Reviewed

    Daiki Miura, Niina M. Saarinen, Yutaka Miura, Risto Santti and Kazumi Yagasaki

    Nutrition and cancer   58 ( 1 )   49 - 59   2007.08

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    癌細胞の浸潤促進には、活性酸素種が関与していることが考えられる。そこで、化学構造から抗酸化作用が予想されるリグナン成分(HMR)およびその代謝産物(ENL)の肝癌細胞浸潤抑制機構の解析を行った。その結果、HMRとENLは肝癌細胞内の過酸化レベルを低下させることを明らかにした。また、担癌モデル動物に対するHMRとENL摂取の効果を解析した結果、癌の増殖・転移に対して、抑制傾向を示すことが示唆され、さらに脂質代謝異常の改善効果も観察された。

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • Analysis of cognitive function in ASD-related POGZ-Y594C mutant mice International coauthorship

    2024.03 

     More details

    Event date: 2024.03

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Country:Japan  

  • 妊娠期の環境エンリッチメントが脳機能に与える影響の分子メカニズム解析

    奥山灯、秋本祐弥、福島穂高、三浦大樹、中澤敬信

    日本薬学会 第143年会  2023.03  南 雅文

     More details

    Event date: 2023.03

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:北海道大学  

  • 患者iPS細胞由来分化神経系細胞を用いた2p16.3領域欠失変異の分子病態解析

    高田智弘, 河野 翔太郎, 鮎澤有希子, 福島 穂高, 三浦 大樹, 橋本 亮太, 橋本 均, 中澤 敬信

    日本薬学会 第143年会  2023.03  南 雅文

     More details

    Event date: 2023.03

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:北海道大学  

  • 患者iPS細胞由来分化神経系細胞を用いた3q29領域欠失変異の分子病態解析

    河野 翔太郎, 高田智弘, 鮎澤有希子, 福島 穂高, 三浦 大樹, 橋本 亮太, 橋本 均, 中澤 敬信

    日本薬学会 第143年会  2023.03  南 雅文

     More details

    Event date: 2023.03

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:北海道大学  

  • 環境エンリッチメントによる3q29領域欠失導入マウスの精神疾患様行動の回復

    秋本祐弥、馬場優志、福島穂高、三浦大樹、橋本均、橋本亮太、中澤敬信

    日本薬学会 第143年会  2023.03  南 雅文

     More details

    Event date: 2023.03

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:北海道大学  

display all >>

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 日本栄養・食糧学会   大会実行委員  

    2021.07   

      More details

    Committee type:Academic society