Updated on 2021/01/13

写真b

MINAMI Kazuhiro

Professor

Title

Professor

External Link

Degree 【 display / non-display

  • 博士(環境共生学) ( 2008.03   東京農業大学 )

Employment Record in Research 【 display / non-display

  • Tokyo University of Agriculture   Faculty of Bio-Industry   Associate Professor

    2014.09 - 2017.09

  • Tokyo University of Agriculture   Faculty of Bio-Industry   Professor

    2017.10

Professional Memberships 【 display / non-display

  • 日本生気象学会

    2007

  • 日本ウォーキング学会

    2007

  • 日本臨床生理学会

    2006

  • 日本体力医学会

    1996

  • 日本体育学会

    1995

Research Interests 【 display / non-display

  • 血管

  • スポーツ栄養

  • 環境生理学

  • 運動生理学

  • 機能性食品

Papers 【 display / non-display

  • 中高年者における6か月間のウォーキング実施が血清脂質性 状に及ぼす影響

    茂山翔太,南和広,高橋圭,奥村万寿美,矢野仁康,山田明,福井富穂,寄本明,寺村康史,矢野秀樹,林進

    ウォーキング研究(17)   79 - 83   2013.12

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    中高年者における6ヶ月間のウォーキング実施が血清脂質正常に与える影響について検討した

  • 大学生におけるスポーツ活動時の熱中症に関する実態調査

    坂手誠治,澤井睦美,南和広,寄本明,星秋夫

    日本生気象学会雑誌49(4)   157 - 163   2013.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    大学生におけるスポーツ活動中の熱中症について意識,知識,実態のずれについて報告した

  • ウォーキングを主とした運動および食事適正化による生活習慣病関連項目の変化

    高橋圭,南和広,茂山翔太,奥村万寿美,矢野仁康,山田明,福井富穂,寄本明,寺村康史,矢野秀樹,林進

    ウォーキング研究(17)   61 - 65   2013.12

     More details

    Authorship:Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    中高齢者に対して運動指導および食事指導を行い,指導前後で生活習慣病(特に動脈硬化)に関連する検査項目がどのように変化するかを検討した

  • 6ヶ月間のウォーキングを中心とした運動継続が動脈スティフネスに及ぼす影響

    南和広,茂山翔太,高橋圭,奥村万寿美,矢野仁康,山田明,福井富穂,寄本明,寺村康史,矢野秀樹

    ウォーキング研究(16)   145 - 150   2012.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    林進,6ヶ月間にわたる運動指導による健康増進プログラムによる動脈硬化の改善を報告した

  • 中高齢者の血中脂質量を低下させる食事要因および運動要因の検討

    髙橋圭,奥村万寿美,南和広,矢野仁康,寄本明

    滋賀短期大学研究紀要(39)   9 - 16   2012.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    中高齢者の血中脂質量を低下させる食事要因および運動要因について検討し報告した

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 応用栄養学

    南 和広 他( Role: Joint author ,  スポーツと栄養おいて、エネルギー代謝や健康増進に関する部分を担当)

    化学同人  2012.03 

     More details

    Language:Japanese   Book type:Textbook, survey, introduction

    第11章生活活動,スポーツと栄養

Honours, Awards and Prizes 【 display / non-display

  • 日本ウォーキング学術賞(江橋賞)

    2012.06  

     More details

    Award type:International academic award (Japan or overseas)  Country:Japan

  • 日本臨床生理学会 優秀論文賞

    2009.10  

     More details

    Award type:International academic award (Japan or overseas)  Country:Japan

Scientific Research Funds Acquisition Results 【 display / non-display

  • 2020年東京オリンピック・パラ心ピックに向けての熱中症予防対策

    2015.04

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 生活習慣の相互関係および生活習慣による遺伝 因子の変化が動脈硬化に与える影響の解明

    2014.04 - 2017.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 高齢者および小児・幼児における脱水・熱中症予防ケアの確立

    2012.04 - 2015.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • ストックを用いた運動に着目した生活習慣病お よび介護予防の効果とそのプログラム構築

    2010.04 - 2013.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

Past of Commissioned Research 【 display / non-display

  • スポーツ選手に対して甘酒の服用が運動中および運動後の生体に与える影響

    2015.04

    一般受託研究  The General Consignment Study

  • 甘酒の事前投与が持久的運動能力に及ぼす影響

    2015.04

    一般受託研究  The General Consignment Study

  • マカによるサプリメント開発に対する基礎的研究

    2015.04 - 2016.03

    一般受託研究  The General Consignment Study

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 日本ウォーキング学会   事務局長  

    2012   

      More details

    Committee type:Academic society

Social Activities 【 display / non-display

  • 網走市体育協会

    2015.04

  • オホーツク陸上競技協会

    2015.04

  • 網走市陸上競技協会

    2015.04