2018/11/27 更新

写真a

舘 博 (タチ ヒロシ)

TACHI Hiroshi

教授

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1977年04月
    -
    1979年03月

    東京農業大学  農学研究科  農芸化学専攻  博士前期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学 -  博士(農芸化学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 1979年04月
    -
    1980年03月

    東京農業大学   農学部醸造学科   副手(無給)  

  • 1980年04月
    -
    1981年03月

    東京農業大学   農学部醸造学科   副手(有給)  

  • 1981年04月
    -
    1990年03月

    東京農業大学   短期大学部醸造学科   助手  

  • 1990年04月
    -
    1997年03月

    東京農業大学   短期大学部醸造学科   講師  

  • 1997年04月
    -
    2002年03月

    東京農業大学   短期大学部   醸造学科   助教授  

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 麹菌の新規ジベプチジルペプチダーゼⅣの性状と醤油醸造における役割 学位論文 論博(農化)第634号

    舘 博

    東京農業大学    1996年12月

    学位論文(その他)   単著

    麹菌がジペプチジルペプチダーゼⅣを生産していることを発見した。本酵素が醤油の呈味形成における鍵酵素であることを明らかにした。

論文 【 表示 / 非表示

  • 新しい素材を活用した発酵調味料の開発-エチオピアにおける一試み-

    穂坂賢、舘博、今井なぎさ、安藤達彦

    日本沙漠学会誌「沙漠研究」   20 ( 2 ) 139 - 143   2010年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    エチオピアにある原料であるひよこ豆と麦芽を用い、醤油様の発酵調味料を試醸した。

  • 黒豆を用いたクエン酸健康飲料の開発

    穂坂賢、数岡孝幸、堤和弘、上田康弘、安藤達彦、福永健司、吉田宗弘、舘 博

    日本健康医学会雑誌 17巻     2008年07月

    研究論文(学術雑誌)   共著

    黒豆のポリフェノールと高クエン酸含有米麹による健康飲料を開発した。

  • 醗酵黒大豆飲料投与による血清および肝臓脂質濃度の減少

    吉田宗弘,八木弘子,石黒麻里子,細見亮太,福永健司,堤和弘,上田康弘,西山利正、数岡孝幸、安藤達彦、穂坂賢、舘 博

    日本健康医学会雑誌 17巻     2008年04月

    研究論文(学術雑誌)   共著

    醗酵黒大豆飲料をラットに投与したところ、量依存的に血清AST,ALT活性、中性脂肪濃度および肝臓脂質濃度が低下し、肝臓タンパク質濃度が増加した。

  • 食塩中のミネラル類が醤油発酵微生物に与える影響(第1報)

    鈴木健、宮崎浩子、田中正男、安藤達彦、舘 博

    千葉県産業支援技術研究所研究報告 第5号     2007年10月

    研究論文(学術雑誌)   共著

    カリウム塩を用いた醤油醸造と塩化ナトリウムを用いた醤油醸造を行い、微生物の挙動と成分の変化を調査した。

  • 食塩中のミネラル類が醤油発酵微生物に与える影響(第2報)

    鈴木健、宮崎浩子、田中正男、安藤達彦、舘 博

    千葉県産業支援技術研究所研究報告 第5号     2007年10月

    研究論文(学術雑誌)   共著

    醤油諸味中の微生物相の消長をT-RFLP法により調査した。

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 図解でよくわかる 発酵のきほん

    舘博 (担当: 監修 )

    誠文堂新光社  2015年04月 ISBN: 978-4-416-61575-1

    発酵のしくみと微生物の種類から、食品・製薬・環境テクノロジーまで

  • 「本みりん」レシピ

    菌美女 (担当: 監修 )

    主婦の友社  2014年09月

  • 発酵食品学

    小泉武夫 他 (担当: 共著 , 担当範囲: 216-231頁 )

    株式会社 講談社  2012年04月

    醤油の歴史、種類、製造法、原料と原料処理、製造工程、成分、機能性について解説。

  • 里山の自然とくらし 福島県鮫川村

    東京農業大学短期大学部生活科学研究所 編 (担当: 共編者 , 担当範囲: 91頁、106-107頁 )

    東京農業大学出版会  2012年03月

    「赤米を用いた味噌造り」、「手造り味噌講習会」について解説した

  • 身のまわりの食品分析実験

    安藤達彦、吉田宗弘、太田徹、舘博、福永健治、穂坂賢、三森一司 (担当: 共著 , 担当範囲: 醤油、味噌の分析法ならびに麹の酵素力価測定について執筆 )

    三共出版株式会社  2011年10月 ISBN: 378-4-7827-0659-6

    食品の分析書

全件表示 >>

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • 醤油醸造におけるアミノ酸生成

    舘博

    香料 ( 日本香料協会 )  ( 267 ) 33 - 39   2015年09月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • Characteristics of Japanese Soy Sauce

    Hiroshi Tachi

    FOOD CULTURE ( Kikkoman Institute for International Food Culture )  ( 25 ) 3 - 4   2015年06月

    総説・解説(その他)   単著

  • さまざまな醤油について

    舘博

    食生活 ( 株式会社カザン )    2013年05月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 日本型食生活を支える醤油

    舘博

    日本健康医学会雑誌   20 ( 2 ) 61 - 64   2011年07月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    醤油の歴史、現状、機能性について解説した。

  • 日本型食生活を支える醤油

    舘 博

    株式会社 光琳     2010年03月

    総説・解説(商業誌)   単著

    醤油の複雑系調味料である所以、醤油の機能性、醤油の現状、醤油のこれからについて解説した。
    食品工業、53巻、5号、34-40

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • プロリン含有ペプチドPhe-Pro-NH2の合成

    今井なぎさ、近藤芳美、張薇、穂坂賢、太田徹、舘博

    第65回日本栄養・食糧学会大会  (お茶の水女子大学)  2011年05月  -  2011年05月  公益社団法人 日本栄養・食糧学会

    麹菌のプロチダーゼによるプロリン含有ペプチドPhe-Pro-NH2の酵素合成について行なった。

  • エチオピア連邦民主共和国における生活用水の実態調査

    穂坂賢、真田篤史、鈴木伸治、本間和宏、今井なぎさ、若菜宣明、田中越朗、安藤達彦、舘博

    第20回日本健康医学会総会  (京都大学百周年時計台記念館)  2010年11月  -  2010年11月  日本健康医学会

    エチオピア連邦民主共和国における生活用水の実態調査結果。

  • 麹菌の生成するプロリダーゼの精製

    舘博、穂坂賢、本田亜希子、小泉雪道、富永雄二、横田真一、太田徹

    第64回日本栄養・食糧学会大会  2010年05月  -  2010年05月 

    プロリン含有ジペプチドの合成を行う為に、入手が容易な麹菌プロリダーゼの精製を行った。

  • 各種麹を用いたティラピア魚醤油の試醸

    舘博、穂坂賢、太田徹、遠藤雅人、竹内俊郎、舘 博

    第63回日本栄養・食糧学会大会  2009年05月  -  2009年05月 

    魚臭を抑えるために各種麹を用いたティラピア魚醤油の試醸を行い、醤油麹を用いることにより魚臭を抑えることができた。

  • 酵素法を用いたモルフィセプチン(Tyr-Pro-Phe-Pro-NH2)の合成検討

    太田徹、山本達朗、西村直道、舘博

    日本食品科学工学会 第55回大会  2008年09月  -  2008年09月 

    プロリダーゼおよびDPPⅣを用いてモルフィセプチンを合成した。

全件表示 >>

学外の社会活動 【 表示 / 非表示

  • 日本醤油協会 平成27年度(第43)全国醤油品評会審査委員長

    2015年06月
    -
    2015年10月

産学連携の基本姿勢 【 表示 / 非表示

  • 醸造業界の発展の為に寄与したい

研究の魅力 【 表示 / 非表示

  • 夢に向かって頑張ろう