2020/06/05 更新

写真a

樫村 修生 (カシムラ オサム)

KASHIMURA Osamu

教授

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1979年04月
    -
    1981年03月

    日本体育大学  体育学研究科  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 信州大学 -  博士(医学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    2000年03月

    東京農業大学   非常勤講師  

  • 2000年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   国際食料情報学部教養分野   教授  

  • 2004年04月
    -
    2005年03月

    東京農業大学   大学院農学研究科   生物環境調節学専攻   指導教授  

  • 2005年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   大学院農学研究科   環境共生学専攻   指導教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学

  • 食生活学

  • 生理学一般

  • 環境生理学(含体力医学・栄養生理学)

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Effects of physical training on pulmonary arterial pressure during exercise under hypobaric hypoxia in rats(博士論文)

    樫村,酒井

    Int.J.Biometeorol. 35,214-221    1991年06月

    学位論文(その他)   共著

    これまで実施してきた運動トレーニングと耐寒性の関連について総説的にまとめ今後の方向性を探った.

  • 「種々の環境温度における有風下運動時の体温変動(修士論文)」

    樫村 修生

    1980年度日本体育大学体育学研究科修士論文集,    1981年09月

    学位論文(その他)   単著

    気温と気流が運動時の皮膚温及び深部温の変化及び発汗量を測定した.

論文 【 表示 / 非表示

  • 女子陸上競技選手における田七人参摂取がトレーニング期間の交感神経系活動に与える影響

    樫村修生

    日本スポーツ健康科学誌 ( 日本スポーツ健康科学学会 )  6 ( 1 ) 113 - 118   2019年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    田七人参を定期的に運動しているスポーツ選手に摂取してもらい,自律神経活動や自覚症状に改善がみられるかどうか検討した.その結果,更年期障害に類似する症状の改善や副交感神経系活動の亢進がみられた.

  • 大学陸上競技長距離選手における熱中症発生の実態

    島﨑あかね,樫村修生,星秋夫

    日本スポーツ健康科学誌   6 ( 1 ) 56 - 63   2019年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 運動時の水分補給に関する歴史学的考察

    星秋夫,今泉隆裕,廣瀬立朗,樫村修生

    日本スポーツ健康科学誌   6 ( 1 ) 1 - 11   2019年10月  [査読有り]  [招待有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • ハウス農業従事者における熱中症既往と生活習慣の関連

    齊藤雄司,樫村修生,野田恒行,桜井政夫

    日本スポーツ健康科学誌   6 ( 1 ) 93 - 104   2019年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • ラットにおける米麹あまさけ摂取による持久的運動時の脂質代謝に及ぼす影響

    樫村修生,上原由美

    日本スポーツ健康科学誌   6 ( 1 ) 49 - 54   2019年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 文芸春秋オピニオン 2020年の論点

    樫村修生ほか (担当: 共著 )

    文芸春秋  2020年01月

  • 熱帯農業と国際協力

    高橋久光、夏秋啓子、牛久保明邦、樫村 修生 (担当: 共著 , 担当範囲: 169-180 )

    筑波書房  2006年11月

    暑熱環境下において熱中症の予防対策を解説した。

  • 国際農業協力に生きる

    樫村修生 (担当: 共著 , 担当範囲: 222-223 )

    東京農大出版会  2006年11月

    開発学科健康科学研究室の紹介を記載した。東京農業大学国際農業開発学科編

  • 新運動生理学(下巻)

    樫村修生 (担当: 共著 )

    真興交易医書出版部運動の血管抵抗調節と一酸化窒素  2001年12月

    運動中の血管調節に一酸化窒素がいかなる関与をしているかを解説した。宮村実晴 編、A4版 ページ総数415ページ

  • 高所運動生理学的基礎と応用

    宮村実晴、樫村 修生他 (担当: 共著 , 担当範囲: 121-130 )

    NAP,第1章基礎編循環機能 高所での運動  2000年09月

    高所での急性運動、慢性滞在後の運動およびトレーニング後の循環循環について解説した。宮村実晴 編、B5版 ページ総数252ページ

全件表示 >>

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • 「尾瀬国立公園トレッキングによる生理的負担度,自律神経活動,および唾液アミラーゼ活性の変化に関する調査」

    島崎あかね,南和広,菊地潤,柏木朋也,鈴木健太,桜井智野風,樫村 修生

    尾瀬地域ヘルスツーリズム推進研究会     2009年03月

    総説・解説(その他)   共著

    一泊二日の尾瀬散策旅行において,景観鑑賞時,宿泊時の就寝,および早朝の景観鑑賞などにおける自律神経活動および唾液アミラーゼ活性から,癒し効果を観察した.

  • 「尾瀬片品地域ヘルスツーリズム事業化調査報告書:尾瀬国立公園におけるトレッキング時の生理的負担度および景観鑑賞時のの自律神経活動に関する調査」

    樫村修生・一場博幸

    尾瀬地域ヘルスツーリズム推進研究会     2008年03月

    総説・解説(その他)   共著

    尾瀬散策時に,景観鑑賞時の自律神経系活動をとらえ,癒し効果を確認した.

  • ランニングクリニック・食とスポーツについて

    樫村 修生

    世田谷区スポーツ振興財団     2006年10月

    総説・解説(その他)   単著

    一般市民ランナーを対象として、ランニングに必要な食と栄養について、講演した。

  • 「男子陸上長距離選手の鉄欠乏性貧血発現予防に対するヘム鉄摂取効果」

    川野因、関口健、樫村 修生

    財団法人伊藤記念財団,平成16年度食肉に関する助成研究調査成果報告書,23,2005     2005年12月

    総説・解説(その他)   共著

    陸上長距離選手を対象に市販のヘム鉄を摂取させて鉄の摂取不足を補い、鉄欠乏性貧血発現予防におけるヘム鉄の有効性を検討した。

特許等 【 表示 / 非表示

  • 体脂肪減少促進剤,及びこれを含む食品

    特願 2014-159607  特開 6420587  特許 6420587

    樫村修生,前崎祐二

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 田七人参に関する研究

    提供機関: (株)アドバンス  一般受託研究

    研究期間: 2017年04月  -  2020年03月  代表者: 代表取締役 白井博隆

研究発表 【 表示 / 非表示

  • わが国における凍死と気象要因の関連性について

    河合隆蔵,星秋夫,樫村修生

    第58回日本生気象学会大会  2019年10月  -  2019年10月 

  • 夏のコミックマーケット来場者の熱中症リスクアセスメント

    島﨑あかね,樫村修生,登内道彦,星秋夫

    第58回日本生気象学会  2019年10月  -  2019年10月 

  • 日射のある暑熱環境において遮熱性舗装路面上の空間は熱中症リスクを高める

    樫村修生,齋藤雄司,星秋夫

    第58回日本生気学会  2019年10月  -  2019年10月 

  • 遮熱性舗装上のヒト空間における温度低減効果

    樫村修生,齋藤雄司,星秋夫

    第6回日本スポーツ健康科学学会   2019年08月  -  2019年08月 

  • 凍死と気象要因の関連性

    河合隆蔵,星秋夫,樫村修生

    第7回日本スポーツ健康科学学界  2019年08月  -  2019年08月 

全件表示 >>

産学連携の基本姿勢 【 表示 / 非表示

  • 熱中症予防対策に関する企業との作業着開発,ヘルスツーリズムによる尾瀬地域の地域活性化,生活習慣病予防対策をめざした海外開発農産物(カムカム,ヤムイモ,サチャインチオイル,マカ)の機能性食品としての開発,農作業時における熱中症予防対策としてのミネラル飲料の開発

研究の魅力 【 表示 / 非表示

  • 文武両道を目指した大学生活を送ってほしい