2018/10/17 更新

写真a

范 為仁 (ファン ウエイレン)

FAN Weiren

教授

ホームページ

http://www.nodai.ac.jp

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  博士(農学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2013年03月

    東京農業大学   生物産業学部教養分野外国語第三研究室   講師  

  • 2013年04月
    -
    2018年03月

    東京農業大学   生物産業学部   准教授  

  • 2018年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   生物産業学部   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2018年03月

      北見工業大学   工学部   非常勤講師

所属学会・委員会 等 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    北東アジア学会

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    日本農業経営学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 経営・経済農学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 農業経済学、中国農地問題、中国事情

論文 【 表示 / 非表示

  • Data on people`s interests related to entry into the Chinese market based on Internet activity corresponding to real-world statistical data in zhe period 2004-2015 in Japan

    Weiren Fan Tomohisa Ueda Yoshimasa Sagane

    Data in Breef   18   2017年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Data on spatiotemporal of the foundation of Japanese companies in China from 1980-2016

    Weiren Fan Tomohisa  Ueda Yoshimasa Sagane

    Data in Breef   18   2017年11月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 中国における農村集団財産権の改革と農村集団経済に関する一考察ー山東省莱蕪市房幹村の事例を中心にー

    范為仁

    オホーツク産業経営論集   第25 ( 第1・2 ) 59 - 74   2017年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    中国農村における集団財産権改革をめぐって模範村である山東省莱蕪市房幹村の事例を通じて考察したものである。

  • 社会・経済的要因に基づく自然観の差異に関する研究

    小山田晋、長谷部正、近藤巧、木谷忍、リチャード・ムーア、范為仁、朴寿永

    日本環境共生学会第19回(2016年度)学術大会発表論文集   なし   220 - 226   2016年09月

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • 現代中国の農業構造と農地の流動化ー福建省しょう州市における農地流動化4類型とその要因

    范 為仁/本千名夫/堀口健治

    オホーツク産経論集   第24 ( 第2 ) 23 - 55   2016年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    福建省の農地流動化を類型化した考察である。

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 自然観の変遷と人間の運命

    座小田豊 編 (担当: 共著 )

    東北大学出版会  2015年12月 ISBN: ISBN978-4-86163-261-

    全書のテーマは自然観に関するものである。
    座小間豊 編著
    総ページ数:292、A5判
    共同分担著者名:小山田 晋・長谷部 正・木谷 忍・リチャード・ムーア・范 為仁・朴壽永「自然観の多様性と変化―国際比較調査を通して―」(pp191-210)

  • 生物産業学のフロンティアフィールド研究と地域連携

    渡部俊弘・黒瀧秀久 監修  (担当: その他 )

    三共出版社  2015年03月 ISBN: 78-4-7827-9

    生物産業学の教育と研究を概説するテキストである。         渡部俊弘・黒瀧秀久 監修 
    総ページ数:137、B5判
    担当部分:范為仁「オホーツクの大地で中国語を学ぼう!」(p68)范為仁「中国農業の展開と課題(p100)

  • のびゆく農業ー世界の農政ー   土地流動化と農業現代化

    范 為仁 (担当: 単著 )

    財団法人 農政調査委員会  2014年03月 ISBN: 0915-4132

    中国社会科学院経済研究所張曙光著『土地流動化と農業現代化』を翻訳し解題した。総ページ数:59、A5判

  • 現代社会における産業経営学のフロンティア

    東京農業大学生物産業学部産業経営学科 編著 (担当: 共著 , 担当範囲: pp202-214 )

    学文社  2007年11月

    産業経営学の入門書である。
    総ページ数:291、A5判
    東京農業大学産業経営学科 編著
    范為仁「北東アジア農業と日本」(pp202-214)

  • オホーツク100のビジネスー大自然に挑む経営ー

    東京農業大学産業経営学科・オホーツク実学センター編 (担当: 分担執筆 )

    東京農業大学出版会  2006年03月 ISBN: 4-88694-101-x

    オホーツク地域の経営者たちの取り組みを紹介する本である。
    東京農業大学産業経営学科・オホーツク実学センター編著
    総ページ数:135、A4判
    范為仁「中国市場を視野に入れた観光ホテル ビューパークグループ」(p134)
    范為仁「日露貿易に挑む漁師 有限会社 東真」(p135)

全件表示 >>

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • 中国福建省平たん県で混獲死亡したコククジラについて

    范為仁

    セトケンニューズレター ( 日本セトロジー研究会 )    2012年02月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

    中国福建省平たん県で混獲死亡したコククジラに関する中国国家海洋局第三海洋研究所 祝茜氏の報告を翻訳したものである。

  • 「西双版納紀行」

    范 為仁

    仙台国際交流センター便り ( 仙台国際交流センター )    1997年11月

    総説・解説(その他)   単著

    仙台国際交流センターの交流コーナーだよりのリーダーズコラムで発表した紀行文。言語は日本語と英語。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 中国農村における土地集団所有制改革の方向と課題

    范為仁

    第11回日中韓農業史学会国際大会  (東京農業大学オホーツクキャンパス)  2011年09月  -  2011年09月  日本農業史学会;韓国農業史学会;中国農業史学会

    中国農村集団所有制の改革をめぐってその改革の方向は私有化、国有化、集団所有に基づく改良という主張があげられるが、報告者は中国三つの地域の三つの事例分析を通してその方向を検討した。結論として国有化は改革の方向であると指摘した。

  • 中国東北地域農業開発の歴史性と環境問題-環日本海とオホーツク海圏域との交流に関わって-

    范 為仁,黒滝秀久、田中俊次

    環日本海学会  2006年10月  -  2006年10月 

    中国東北地域の農業開発の歴史性から環境問題にアプローチしたものである。特に環日本海とオホーツク海圏域との交流の意義を強調した。

  • 現段階における中国東北地域農業の現状と課題

    范 為仁

    東北農業経済学会  2005年09月  -  2005年09月 

    市場化改革とWTO加盟の結果として中国の商品食糧の主要な供出地の東北地域も農村経済構造の調整を余儀なくされている。その背景下の農家経営の現状を現地調査に基づいて考察しその脆弱性を指摘した。

  • 中国農村土地請負法下における農民層の動向

    范 為仁

    東北農業経済学会  2003年08月  -  2003年08月 

    中国農村土地請負法の制定に伴い地域別の農民層の動向について考察し報告した。法制定にあたり地域別対策の重視を指摘した。

  • 中国農村土地の集団所有、農家請負経営制度改革について

    范 為仁

    東北農業経済学会  2002年08月  -  2002年08月 

    統計資料によりながら中国農村土地制度の改革の現状について分析を行い報告した

全件表示 >>

学外の社会活動 【 表示 / 非表示

  • 南京農業大学ー東京農業大学「日中農業史比較研究センター」研究員

    2015年10月
    -
    継続中

産学連携の基本姿勢 【 表示 / 非表示

  • 中国との文化交流はもちろん、産業界の交流も積極に対応します。

研究の魅力 【 表示 / 非表示

  • 中国語を習いながら中国の農業問題を考えましょう。