2021/01/13 更新

写真a

前田 良之 (マエダ ヨシユキ)

MAEDA Yoshiyuki

教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1981年03月

    帯広畜産大学   畜産学部   草地学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1981年04月
    -
    1983年03月

    帯広畜産大学  畜産学研究科  草地学専攻  修士課程  修了

  • 1983年04月
    -
    1986年03月

    東京農業大学  農学研究科  農学専攻  博士後期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学 -  農学博士

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 1986年04月
    -
    1987年03月

    東京農業大学   大学院農学研究科   畜産学専攻   研究生  

  • 1987年04月
    -
    1989年03月

    東京農業大学   富士畜産農場   助手  

  • 1989年04月
    -
    1993年09月

    東京農業大学   短期大学部   助手  

  • 1993年10月
    -
    1999年03月

    東京農業大学   短期大学部   生物生産技術学科   講師  

  • 1999年04月
    -
    2001年03月

    東京農業大学   短期大学部   生物生産技術学科   助教授  

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • ヒユ科植物フダンソウ(Beta vulgaris var. cicla)の耐塩反応に及ぼすベタシアニンの関与

    前田良之・大島宏行・澁谷陽平

    日本環境学会誌 人間と環境   46 ( 2 ) 3 - 13   2020年06月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Effects of calcium application on the salt tolerance and sodium excretion from salt glands in zoysiagrass(Zoysia japonica)

    Yoshiyuki MAEDA

    Grassland Science   65 ( 3 ) 189 - 196   2019年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   単著

    DOI

  • アントシアニン系色素がシソ(Parilli frutescens var. crispa)の耐塩反応に及ぼす影響

    前田良之・碇山寛子・大島宏行・加藤拓

    日本環境学会誌 人間と環境   45 ( 1 ) 1 - 10   2019年02月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • ホモプシス根腐病の発病に及ぼす土壌の種類、施肥リン酸、土壌pHの影響

    大島宏行、前田良之、後藤逸男

    日本土壌肥料学雑誌   86 ( 2 ) 81 - 88   2015年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    土壌の種類とpH、可給態リン酸量の相違がホモプシス根腐病菌の生育と発病に及ぼす影響を検討した。黒ボク表層土は発病抑止土壌であること、土壌へのリン酸過剰施用、土壌の酸性化は抑止力を弱め、発病を助長することが判った。

  • Effect of organic matter removal treatments and addition of aluminum-containing substances on incidence of Fusarium wilt of lettuce

    Hiroyuki Oshima, Daisei Goto, Itsuo Goto, Yoshiyuki Maeda

    Soil Science and Plant Nutrition   61   1 - 7   2015年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 微生物資材(バクタモン)による施肥量と硝酸態窒素の低減

    農山漁村文化協会 編 (担当: 共著 , 担当範囲: 251-258 )

    最新農業技術 土壌施肥 農文協  2010年04月

    微生物資材としてバクタモンをとり上げ、チンゲンサイ、コマツナや芝草を使用して生育や作物品質、跡地土壌に及ぼす影響をバクタモン添加と肥料窒素の無機化、生育への影響などを検討した。

  • 新・実学の最前線‐生命を守る農学‐東京農大編

    前田良之他 (担当: 共著 , 担当範囲: 102?103 )

    東京農業大学出版会  2003年06月

    牧草で環境を修復するをテーマに、家畜糞尿は重大な環境問題、農業生産現場に研究材料がある、耐塩性植物の存在、牧草によるファイトレメディエーションの観点から論じた。

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • カルシウム施用がカボチャ(Cucurbita maxima Duchesne)およびキュウリ(Cucumis sativus L.)の塩害軽減に及ぼす効果

    前田良之・大田忠親・海野洋輝・武長 宏

    東京農業大学アイソトープセンター研究報告     2002年03月

    総説・解説(その他)   共著

    細胞壁中のペクチン酸Caに注目して、植物生育培地中へのCa添加がNaClストレス下の植物のCa動態に及ぼす影響から、Ca添加と植物の耐塩性機構との関連を検討した。

  • アメリカ中西部4州フォレージコンファレンス98

    大場真人・武中慎治・前田良之・三好志郎

    デーリー・ジャパン社     1998年07月

    総説・解説(その他)   共著

    1998年3月5、6日に開かれた中西部4州でのフォレージセミナーからの7論文の翻訳書である。

  • 畜産環境汚染防止に関する糞尿処理および有効利用の基礎的研究

    大谷忠・前田良之・武長 宏 他17名

    平成8年度東京農業大学プロジェクト研究研究成果報告     1997年07月

    総説・解説(その他)   共著

    嫌気性微生物資材の牛糞への散布と乳牛への投与が発酵ガス発生量に及ぼす影響とリードカナリーグラスの耐塩性差異と土壌浄化への応用の観点から検討した。

  • 酪農場の規模拡大戦略

    鈴木義和・小川泰一・高橋敏・梅津一考・平林清美・前田良之・高橋圭三 他7名

    デーリー・ジャパン社     1997年02月

    総説・解説(その他)   共著

    牛群管理から財務分析の方法まで規模拡大の手順を解説した翻訳書である。

  • 畜産環境汚染防止に関する糞尿処理および有効利用の基礎的研究

    大谷忠・前田良之・武長 宏 他17名

    平成7年度東京農業大学プロジェクト研究研究成果報告     1996年07月

    総説・解説(その他)   共著

    畜舎内に排泄される家畜排泄物の脱臭方法、速成堆肥調製方法、地下水汚染への影響などを調査した。

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • カルシウム添加がタバコ培養細胞の経時的耐塩反応に及ぼす影響

    星 春菜、吉田悠里、湧井知香子、和久井健司、前田良之

    日本土壌肥料学会  2012年09月  -  2012年09月 

    塩処理条件下でCa添加したタバコ培養細胞の活性酸素消去系酵素活性に注目した耐塩反応の変化を経時的に検討した。

  • カルシウム及びケイ素がシーショアパスパラムの塩ストレス軽減に及ぼす影響

    鎌田あすか、新井健史、松本優也、大島宏行、前田良之

    日本土壌肥料学会  2012年09月  -  2012年09月 

    塩ストレス下におけるシーショアパスパラムのCa及びSi添加における生育応答及び生理活性の変化を検討した。

  • カルシウム添加がノシバ塩類腺からのNa排出に及ぼす影響

    高田直希、藤田陽子、新井麻里子、大島宏行、矢口行雄、前田良之

    日本土壌肥料学会  2012年09月  -  2012年09月 

    低及び高塩類条件下での培養液中へのCa添加が塩類腺からのNa排出に及ぼす影響をペクチン酸結合態カルシウム含有率、イオン及び適合溶質、原形質膜H+-ATPase活性などから検討した。

  • カルシウム添加がノシバ(Zoysia japonica)の耐塩性に及ぼす影響

    藤田陽子、高田直希、鎌田あすか、矢口行雄、前田良之

    日本草地学会  2011年03月  -  2011年03月 

    NaCl含有水耕栽培におけるノシバの生育特性を水耕液へのCa添加濃度と塩類腺からの塩排出量との関連から検討した。

  • オオミズゴケ(Sphagnum palustre L.)の生育及びリン酸吸収に関する研究

    瀬戸山 央、竹内彩子、根本正之、前田良之 

    日本草地学会  2010年03月  -  2010年03月 

    低~高濃度にリン酸濃度を設定した水耕液でミズゴケを栽培し、リン酸濃度の違いがミズゴケの成長とリン含有率に及ぼす影響を調査し、リン酸吸収機能を主にATPase及びリン酸フォスファターゼ活性から検討した。

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2003年06月
    -
    2008年03月

    日本環境学会   編集委員

  • 2006年04月
    -
    2008年03月

    日本土壌肥料学会   評議員

  • 2015年06月
    -
    継続中

    日本環境学会   副会長

産学連携の基本姿勢 【 表示 / 非表示

  • 身近かな生活に密着した食と農に関する疑問点や問題点を解決する。

研究の魅力 【 表示 / 非表示

  • 社会に出てから役立つ知識や人間関係の築きかたを学んで欲しいと思います。