2021/09/02 更新

写真a

小池 安比古 (コイケ ヤスヒコ)

KOIKE Yasuhiko

教授

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1987年04月
    -
    1989年03月

    大阪府立大学  農学研究科  園芸農学専攻  博士前期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学 -  博士(農学)

  • 大阪府立大学 -  農学修士

  • 放送大学 -  修士(学術)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 1993年10月
    -
    1994年03月

    東京農業大学   厚木中央農場   副手(有給)  

  • 1994年04月
    -
    2000年09月

    東京農業大学   農学部   助手  

  • 2000年10月
    -
    2006年03月

    東京農業大学   農学部   講師  

  • 2006年04月
    -
    2007年03月

    東京農業大学   農学部   助教授  

  • 2007年04月
    -
    2009年09月

    東京農業大学   農学部   准教授  

全件表示 >>

所属学会・委員会 等 【 表示 / 非表示

  • 1987年04月
    -
    継続中
     

    園芸学会

  • 1989年01月
    -
    継続中
     

    アメリカ園芸学会

  • 1990年01月
    -
    継続中
     

    国際園芸学会

  • 1995年04月
    -
    継続中
     

    日本農業教育学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 園芸科学

  • 農業環境・情報工学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 園芸学、人間植物関係学

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 園芸活動におけるフロー体験

    小池安比古

      2014年03月

    学位論文(修士)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 廃棄食用油の肥料化に関する研究

    松山明彦・小池安比古

    文理シナジー   23 ( 2 ) 209 - 214   2019年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • ユリ類の液体りん片培養方法の検討および培養装置の試作

    松山明彦・小池安比古

    文理シナジー   23 ( 1 ) 29 - 33   2019年04月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Effects of uniconazole-P and paclobutrazol application on the growth and flowering of Euryops pectinatus Cass.

    Yasuhiko Koike, Ken-ichi Matsushima, Yozo Mitarai and Ok-Kyung Kim

    Journal of advanced agricultural technologies   5 ( 1 ) 31 - 35   2018年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

    DOI

  • Weed management assessment for public flower beds

    Matsushima,K.,C.Hirama,Y.Mitarai and Y.Koike

    Acta Horticulturae   1174   127 - 131   2017年10月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Influence of indole3-butyric acid on Hardwood propagation of Lantana camara L.

    Yasuhiko Koike, Ken-ichi Matsushima and Yozo Mitarai

    IAFOR International Conference on Sustainability,Energy & the Environment-Hawaii 2017 Official Conference Proceedings   45   1 - 5   2017年03月  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • ディズニープリンセスとたのしむ ときめき花ずかん

    小池安比古 (担当: 監修 )

    学研プラス  2021年05月

  • LIVEポケット⑮ 飼育・栽培

    小宮輝之・峯 洋子・小池安比古 (担当: 監修 )

    学研プラス  2020年07月

  • 園芸学入門 第2版

    今西英雄、小池安比古、河合義隆、峯洋子、雨木若慶、馬場正 (担当: 共編者 )

    朝倉書店  2019年04月

  • 色と形で見わけ散歩を楽しむ花図鑑

    小池安比古、大地佳子、亀田龍吉 (担当: 監修 )

    ナツメ社  2018年05月

  • 閉鎖生態系・生態工学ハンドブック

    小池安比古 (担当: 編者 )

    アドスリー  2015年09月

全件表示 >>

総説・解説記事 他 【 表示 / 非表示

  • 大池公園整備計画

    矢吹町

    大池公園整備計画   1 ( 1 ) 1 - 92   2018年06月  [依頼有り]

    機関テクニカルレポート,プレプリント等   共著

  • 厚木市緑の基本計画

    厚木市

    厚木市緑の基本計画     1 - 159   2017年10月  [依頼有り]

    機関テクニカルレポート,プレプリント等   共著

  • 「農学士力」を備えた自律型就農者の育成-東京農業大学の試み-

    小池 安比古

    ( 社団法人私学経営協会 )    2010年07月

    総説・解説(その他)   単著

    文部科学省の平成21年「大学教育・学生支援推進事業」に採択された「農学士力を備えた自律型就農者の育成プログラムについて紹介した。

  • 大学実習教育における栽培学習

    小池 安比古

    40周年記念誌 ( 日本農業教育学会 )    2003年08月

    総説・解説(その他)   単著

    東京農業大学農学部農学科で行っている農業実習の概略と、シクラメン栽培を例にして、大学における実習教育における栽培学習について解説した。pp.101-104

  • 球根の氷温貯蔵

    小池 安比古

    ( 冷凍 )  71 ( 11 )   1996年11月

    総説・解説(その他)   単著

    ユリ、チューリップなどで行われている、-2℃の氷温で長期間球根を貯蔵する抑制栽培の方法、またその氷温貯蔵に先立つ予冷の効果などについて解説した。
    pp.23-27

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ユリ球根の低温耐性の評価とCAならびに氷温の利用による長期貯蔵法の確立

    基盤研究(B)

    研究期間:  2001年04月  -  2004年03月  代表者:  今西英雄

  • 宿根スイートピーの増殖について

    奨励研究

    研究期間:  1999年04月  -  2001年03月  代表者:  小池安比古

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 「教育で評価される東京農業大学」を目的とした4者間による360°評価(多面評価)-農大の過去、現在、未来の可視化-

    提供機関:  学校法人 東京農業大学  東京農業大学教育改革プロジェクト

    研究期間: 2018年04月  -  2021年03月  代表者:  小池安比古

  • 教育の質保証に向けた実習教育効果の検証と新しい農学士力育成プログラムの構築

    提供機関:  学校法人 東京農業大学  東京農業大学教育改革プロジェクト

    研究期間: 2015年04月  -  2018年03月  代表者:  小池安比古

  • 社会が求める農学士力を備えた自律型就農者の育成支援プログラム

    提供機関:  文部科学省  文部科学省 大学教育・学生支援事業

    研究期間: 2009年04月  -  2012年03月  代表者:  小池安比古

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 地域資源を活用した「食」のおもてなし商品開発に関する研究

    提供機関: 奥会津三島ブランドPR推進協議会  一般受託研究

    研究期間: 2020年04月  -  2022年03月 

  • シバザクラの栽培特性に関する試験研究

    提供機関: 株式会社白崎コーポレーション  一般受託研究

    研究期間: 2018年04月  -  2019年03月  代表者: 小池安比古

  • 三島町地域活性化プロジェクト

    提供機関: 福島県大沼郡三島町  一般受託研究

    研究期間: 2017年04月  -  2019年03月  代表者: 小池安比古

  • 体験農園の利用実態とその効果に関する研究

    提供機関: JA全中  一般受託研究

    研究期間: 2017年04月  -  2018年03月  代表者: 小池安比古

  • 会津地方次世代型食品生産トライアル事業

    提供機関: 会津若松市  一般受託研究

    研究期間: 2016年04月  -  2018年03月  代表者: 小池安比古

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ミヤマオダマキの開花に及ぼす低温処理とGA処理の影響

    小池安比古・林 佳吾

    農業生産技術管理学会 令和元年度大会(東京農業大学農学)  2019年10月  -  2019年10月 

  • Effects of uniconazole-P and paclobutrazol application on the growth and flowering of Euryops pectinatus Cass.

    Yasuhiko Koike, Ken-ichi Matsushima, Yozo Mitarai and Ok-Kyung Kim

    2017 7th International conference on asia agriculture and animal  2017年08月  -  2017年08月 

  • チガヤを利用した雑草抑制栽培法の教材化

    山下周、小池安比古、柴田武彦、乘越亮

    日本産業技術教育学会第57回大会  (熊本大学)  2014年09月  -  2014年09月  日本産業技術教育学会

    草花のコンテナ栽培において、環境に配慮した雑草抑制法を模索した。その結果、コンテナ栽培時の培養土にチガヤ乾燥チップを全体の20%ほど混和することにより、雑草発生が抑制されることがわかった。

  • シクラメンの観賞期間に及ぼす減光処理の影響

    小池安比古、御手洗洋蔵、丹羽大樹、乘越亮

    生態工学会年次(2014)大会  (玉川大学)  2014年06月  -  2014年06月  生態工学会

    シクラメン鉢花を22℃下で種々の人工照明の明るさのもとで栽培し、その影響をみた。その結果、人工照明の明るさは中程度として栽培すると、観賞期間が比較的長く保持されることがわかった。

  • シュッコンスイートピー種子の発芽特性

    小池安比古・山﨑敦彦

    園芸学会平成24年度秋季大会  (福井県立大学生物資源科学部)  2012年09月  -  2012年09月  園芸学会

    シュッコンスイートピー種子の発芽特性について調べた。その結果、シュッコンスイートピーの種子は硬実であり、濃硫酸による処理が必要であること、発芽適温が20℃前後であることを明らかにした。

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学   花卉園芸学

  • 東京農業大学   花卉栽培論

  • 東京農業大学   園芸学(一)

  • 東京農業大学   都市園芸学

  • 東京農業大学   人間植物関係学

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
     
     

    観賞園芸学

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2021年07月
    -
    継続中

    生態工学会   理事

  • 2022年04月
    -
    継続中

    日本農業教育学会   農業高等学校生意見文コンクール審査委員会(幹事)

学外の社会活動 【 表示 / 非表示

  • JFTD学園 日本フラワーカレッジ非常勤講師(担当科目:フローリストの観賞園芸学)

    2014年04月
    -
    継続中

  • 厚木市長から感謝状(厚木市下水道事業推進の功績)

    2015年06月
     
     

    長年にわたる厚木市下水道事業推進の功績により、厚木市長から感謝状を贈呈される

  • 平成27年度 東京農業大学免許法認定講習会 コーディネータ兼講師

    2015年08月
     
     

  • 平成28年度 東京農業大学免許法認定講習会 コーディネータ兼講師

    東京農業大学 

    2016年08月
     
     

  • 厚木市緑を豊かにする審議会

    厚木市 

    2016年10月
    -
    継続中

全件表示 >>

産学連携の基本姿勢 【 表示 / 非表示

  • 他大学・研究機関はもちろん、諸団体とも連携して研究を推進したいと思っています。

研究の魅力 【 表示 / 非表示

  • 何でも興味をもって取り組みましょう。植物の研究は日々の観察の積み重ねが大事です。