2021/01/21 更新

写真a

山本 祐司 (ヤマモト ユウジ)

YAMAMOTO Yuji

教授

ホームページ

http://www.eiyoseikagaku.org

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学 -  博士(農芸化学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 1991年04月
    -
    1993年03月

    東京農業大学   農学部農芸化学科   副手(有給)  

  • 1993年04月
    -
    1995年12月

    東京農業大学   農学部農芸化学科   副手(無給)  

  • 2005年04月
    -
    2010年03月

    東京農業大学   応用生物科学部   生物応用化学科   助教授  

  • 2010年04月
    -
    2018年03月

    東京農業大学   応用生物科学部   生物応用化学科   教授  

  • 2018年04月
    -
    継続中

    東京農業大学   応用生物科学部   農芸化学科   教授  

所属学会・委員会 等 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    継続中
     

    日本食生活学会

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 機能性食品成分

  • インスリンシグナル

  • 結節性硬化症

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 玄米の新規機能性の解析

論文 【 表示 / 非表示

  • Niclosamide activates the AMP-activated protein kinase complex containing the beta2 subunit independently of AMP

    Tsukasa Suzuki, Momoko Kojima, Yu Matsumoto, Ken-Ichi Kobayashi, Jun Inoue, Yuji Yamamoto

    Biochemical and Biophysical Research Communication.     2020年

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Activation of Peroxisome Proliferator-Activated Receptor gamma (PPARG)/Small Heterodimer Partner (SHP) Pathway Prevents High Fat Diet-Induced Obesity and Hepatic Steatosis in Sprague-Dawley Rats Fed Soybean Meal.

    Yu Matsumoto, Yoshiko Ishimi, Tsukasa Suzuki, Ken-ichi Kobayashi, Jun Inoue, Yuji Yamamoto

    Journal of Nutritional Biochemistry   75   108250 - 108257   2020年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Methionine controls insulin/mammalian target of rapamycin complex 1 activity by modulating tuberous sclerosis complex 2 stability

    Seishu Gen, Yu Matsumoto, Tsukasa Suzuki, Jun Inoue, Yuji Yamamoto

    Biochemical and Biophysical Research Communication   541   84 - 89   2020年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • Stability of tuberous sclerosis complex 2 is controlled by methylation at R1457 and R1459

    Seishu Gen, Yu Matsumoto, Ken-Ichi Kobayashi, Tsukasa Suzuki, Jun Inoue, Yuji Yamamoto

    Scientific Reports   10 ( 1 ) 21160   2020年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

  • AMP-activated protein kinase regulates alternative pre-mRNA splicing by phosphorylation of SRSF1

    Eri Matsumoto, Kaho Akiyama, Takuya Saito, Yu Matsumoto, Ken-Ichi Kobayashi, Jun Inoue, Yuji Yamamoto, Tsukasa Suzuki

    Biochem J.   477 ( 12 ) 2237 - 2248   2020年  [査読有り]

    研究論文(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • コンパクト基礎栄養学

    近藤雅雄 松崎広志 編 (担当: 共著 )

    朝倉書店  2017年

  • 英語で読み解く生命科学

    寺本明子 James W. Hove 田所忠弘 編集 (担当: 共著 )

    建帛社  2015年 ISBN: 978-4-7679-4638-2

  • Endocytosis: Structural Components, Functions and Pathways. Nova Science Publishers, Inc. Rab5 mediated caveolae mediated endocytosis

    Yuji YAMAMOTO Tadahiro TADOKORO and Makoto HAGIWARA (担当: 共著 )

    Nova Science Publishers, Inc.  2010年10月

    Rab5を介したエンドサイトーシス機構の総説

  • 現代栄養学を理解するための分子生物学入門

    加藤茂明 編集、山本 祐司 (担当: 共著 , 担当範囲: 4-9 )

    光生館 ISBN:978-4-332-02083-7  2010年03月

    分子生物学の教科書

研究の魅力 【 表示 / 非表示

  • 栄養学をいろいろな視点から、柔軟に理解し、解釈できるよう研究を進めています。