2021/01/13 更新

写真a

福山 直人 (フクヤマ ナオト)

FUKUYAMA Naoto

教授

職名

教授

外部リンク

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東海大学   医学研究科   機能系専攻   博士課程   修了

    1994年04月 - 1998年03月

      詳細を見る

    国名:日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学) ( 1998年03月   東海大学 )

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学   応用生物科学部   栄養科学科   教授

    2019年04月 - 現在

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本医学教育学会

    2012年08月 - 現在

  • 日本消化器病学会

    2011年05月 - 現在

  • 日本老年医学会

    2009年11月 - 現在

  • 日本循環器学会

    2008年08月 - 現在

  • 日本内科学会

    2007年05月 - 現在

全件表示 >>

資格・免許 【 表示 / 非表示

  • 医師

論文 【 表示 / 非表示

  • 母乳の食事と母乳栄養法が児の食物アレルギー発症に与える影響 査読あり

    福山直人、若菜真実、白井智美、岩佐太一朗、山﨑裕子、部谷祐紀、本間和宏、田中越郎、若菜宣明

    アレルギーの臨床   38 ( 9 )   64 - 67   2018年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    妊娠期のや授乳期のアレルゲン除去食は無効であり、妊娠中に母親が果物や野菜を多く摂取し、充分な栄養をとることが児のアレルギー予防に重要であることを示した論文である。

  • The vital prognosis of elderly adults living in a group home in their mid-eighties. 査読あり

    Todoroki K, Ikeya Y, Fukui S, Tanaka C, Sekine K, Imazeki R, Shizuma T, Fukuyama N, Mori H.

    J Physiol Sci.   67 ( 5 )   561 - 568   2017年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    外来を受診している高齢者とグループホームに入居している高齢者でEPA/AA比が異なりグループホーム入居者で値は低く、EPAの摂取が生命予後を改善する可能性を示した報告である。

  • Common and specific risk factors for ischemic stroke in elderly: Differences based on type of ischemic stroke and aging. 査読あり

    Fukui S, Imazeki R, Amano Y, Kudo Y, Amari K, Yamamoto M, Todoroki K, Ikeya Y, Okazaki T. Yanagimachi N, Shizuma T, Fukuyama N, Johkura K, Mori H.

    J Neurol Sci.   380   85 - 91   2017年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    高齢者脳梗塞において危険因子がそのサブタイプにより異なることを示し、血栓性梗塞ではHbA1CやLDL-Cと塞栓性梗塞では左房径が関与することをしめした論文である。      

  • Evaluation of intracranial microvessel visualization in mouse and dog models by using a new rotating cerium anode X-ray system. 査読あり

    Tanaka C, Shizuma T, Shinozaki Y, Todoroki K, Ikeya Y, Fukuyama N, Ueda T, Mori H.

    Tokai J Exp Clin Med.   42 ( 1 )   1 - 9   2017年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    新しい照線源である回転セリウム陽極を用い、頭蓋内の微小血管を造影することが可能であることを示した論文である。

  • A rotating cerium anode X-ray system allows visualization of intramural coronary vessels after cardiac stem cell therapy for myocardial infarction. 査読あり

    Tanaka C, Hosoda T, Ikeya Y, Shinozaki Y, Todoroki K, Shizuma T, Shiraishi T. Fukuyama N, Ueda T, Mori H

    J Physiol Sci.   68 ( 4 )   345 - 353   2017年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    回転セリウム陽極を用い、幹細胞移植における冠血管新生を評価した論文である。

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 臨床薬学テキストシリーズ

    福山直人 他( 担当: 単著)

    中山書店  2018年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

    薬学における教科書

  • 新訂 生理学実習書

    盛英三、静間徹、福山直人(森田啓之編)( 担当: 単著 ,  範囲: 13章、13-8、実験データの統計処理(pp266-284))

    南江堂  2013年09月 

     詳細を見る

    総ページ数:296   担当ページ:pp266-284   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    生理学における実習書

  • 医学物理の理工学 下巻

    福山直人(上坂充監修)( 担当: 単著)

    養賢堂  2013年08月 

     詳細を見る

    総ページ数:274   担当ページ:pp111-132   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    医学物理学、中でも画像診断における著書

  • Cardiovascular Regeneration Therapies Using Tissue Engineering Approaches.

    Noritoshi Nagaya, Naoto Fukuyama, Yasuhiko Tabata(Hikaru Matsuda編)( 担当: 単著)

    Springer  2006年06月 

     詳細を見る

    総ページ数:238   担当ページ:pp17-30   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    新しい遺伝子導入法を用いた再生療法に関する著書

  • ここまで進んだ再生医療の実際

    國本 聡,笠原啓史,福山直人(田畑泰彦編)( 担当: 単著 ,  範囲: 第3章3、遺伝子による血管新生(pp116-123))

    羊土社  2003年03月 

     詳細を見る

    総ページ数:274   担当ページ:pp116-123   記述言語:日本語   著書種別:学術書

    遺伝子を用いた再生医療に関する教科書

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • Anticarcinogenic and Anti-Colitis Effects of the Japanese Vinegar Kurozu. 査読あり

    Shizuma Toru, Fukuyama Naoto.

    J Rice Res.   1 ( 1 )   1000113 - 1000113   2003年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    黒酢の抗腫瘍効果に関して記載した総説である。

  • 再灌流性障害のメカニズム 活性酸素からmolecular eventsまで 査読あり

    石田 英之, 福山 直人, 中澤 博江

    病理と臨床   21 ( 8 )   819 - 825   2003年08月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    虚血再灌流障害に活性酸素がどのように関与するのか示した総説である。

  • 微小血管撮影装置開発と再生血管の可視化 査読あり

    河合 敏昭, 鈴木 克彦, 高瀬 欣治, 川上 博己, 望月 亮, 山口 孝一, 田中 越郎, 笠原 啓史, 福山 直人, 篠崎 芳郎, 盛 英三, 東 将浩, 西上 和宏, 田中 良一, 内藤 博昭

    Radioisotopes.   52 ( 1 )   55 - 58   2003年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    微小血管造影法により再生血管が描出することができることを示した総説である。

  • 遺伝子と組織再生療法 生分解性ゼラチンを用いた遺伝子治療法 査読あり

    土持 裕胤, 福山 直人, 白井 幹康, 田中 越郎, 笠原 啓史, 神田 宗武, 永谷 憲歳, 徳永 宣之, Pearson JT, 西浦 直亀, 田畑 泰彦, 盛 英三

    遺伝子医学   6 ( 3 )   382 - 385   2002年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    ゼラチンハイドロゲルを用いることにより遺伝子治療が可能であることを示した総説である。

  • ゼラチン遺伝子複合体を用いた血管新生療法 査読あり

    福山 直人, 笠原 啓史, 田中 越郎, 安藤 潔, 浅原 孝之, 田畑 泰彦, 盛 英三

    循環器科   51 ( 3 )   259 - 263   2002年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    ゼラチンハイドロゲルを用いることによりゼラチンに遺伝子を取り込むことが可能であることを示した総説である。

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • CBTの成績からみた卒業試験と医師国家試験への影響 国際会議

    福山 直人, 和泉 俊一郎, 川田 浩志, 浦野 哲哉, 濱田 昌史, 中川 儀英, 亀谷 美恵, 新村 文男, 増田 良太, 上野 滋, 仁科 良, 坂部 貢

    第50回日本医学教育学会大会発表要旨集  2018年08月  日本医学教育学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年08月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京医科歯科大学  

    CBTの成績が医師国家試験と卒業試験の成績に関係することを示した発表である。

  • 生理学におけるPBL・TBLを用いたアクティブ・ラーニング教育の実践とその有用性 国際会議

    福山 直人, 和泉 俊一郎, 川田 浩志, 浦野 哲哉, 濱田 昌史, 中川 儀英, 亀谷 美恵, 新村 文男, 増田 良太, 上野 滋, 仁科 良, 坂部 貢

    第50回日本医学教育学会大会発表要旨集  2018年08月  日本医学教育学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年08月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京医科歯科大学  

    生理学教育にアクティブ・ラーニングが有効であることを学生の視点から示した発表である。

  • シンクロトロン放射光微小血管撮影により評価した貫通性経壁冠動脈の分岐パターンと心臓周期の変化 国際会議

    内記 卓斗(東海大学 心臓血管外科), 福山 直人, 静間 徹, 藤井 敏晴, 軣木 喜久江, 今関 良子, 田中 千陽, 上田 敏彦, 長 泰則, 盛 英三

    第81回日本循環器学会学術集会抄録集  2017年03月  日本循環器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年03月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:石川県立音楽堂  

    微小血管造影法により描出された心筋貫通枝の分岐形式に関して報告した発表である。

  • 高齢者における不飽和脂肪酸の欠乏と薬剤治療による効果 国際会議

    福山 直人

    第58回日本老年医学会学術集会抄録集  2016年05月  日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年05月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:石川県立音楽堂  

    グループホーム入居者の血中EPA値は低くその投与のより上室性不整脈が改善することを示した発表である。

  • 脳梗塞患者のリスク因子の検討:前期及び後期高齢者の比較 国際会議

    福井 早矢人,今関 良子, 軣木 喜久江, 関根 佳織, 静間 徹, 岡崎 隆, 柳町 徳春, 福山 直人, 城倉 健, 盛 英三

    第58回日本老年医学会学術集会抄録集  2016年05月  日本老年医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年05月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:石川県立音楽堂  

    前期高齢者と後期高齢者では脳梗塞になるリスクが異なり、後期では腎機能低下と左房負荷が関与することを示した発表である。

全件表示 >>