Updated on 2021/01/12

写真a

NI Siran

Assistant Professor

Title

Assistant Professor

External Link

Degree 【 display / non-display

  • 博士(薬学) ( 2013.03   金沢大学 )

  • 修士(理学) ( 2010.01   北京大学薬学院 )

Employment Record in Research 【 display / non-display

  • Tokyo University of Agriculture   Faculty of Agriculture   Department of Human and Animal-Plant Relationships

    2014.07 - 2018.03

  • Tokyo University of Agriculture   Faculty of Agriculture   Department of Bioresource Development   Assistant Professor

    2018.04

Professional Memberships 【 display / non-display

  • 薬用植物栽培研究会

    2018.07

  • 日本薬学会

    2011.11

Research Interests 【 display / non-display

  • 薬用植物

  • ウマノスズクサ

  • マオウ

Papers 【 display / non-display

  • マオウ属植物の栽培研究(第11報)草質茎の挿し木法の検討(4)挿し木の適期に関する研究 Reviewed

    倪斯然,工藤喜福,安藤広和,佐々木陽平,御影雅幸

    薬用植物研究   40 ( 1 )   22 - 28   2018.06

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    前処理の影響以上に挿し木を行う時期や種間や株間による発根能力の差異が結果を左右することを明らかにした。

  • マオウ属植物の栽培研究(第12報)中国内蒙古自治区の大規模マオウ栽培地における現地調査報告(2) Reviewed

    倪斯然,安藤広和,金田あい,工藤喜福,落合真梨絵,蔡少青,御影雅幸

    薬用植物研究   40 ( 1 )   29 - 37   2018.06

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    2016年10月下旬と2017年9月下旬に、内モンゴル自治区のマオウ栽培地において訪問調査した結果を報告した。

  • Botanical Origin of Ephedra Herb Used in Xinjiang Uyghur Autonomous Region of China Reviewed

    Si-ran Ni,Mutalifu Nilufaer,Hirokazu Ando,Yohei Sasaki,Masayuki Mikage

    薬用植物研究   39 ( 2 )   37 - 43   2017.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    ウイグル医学で使用されるマオウ属植物由来の生薬であるChakkandaの原植物を同定した。

  • マオウ属植物の栽培研究(第10報)草質茎の挿し木法の検討(3)挿し穂の前処理が発根に及ぼす影響 Reviewed

    倪斯然,工藤喜福,御影雅幸

    薬用植物研究   39 ( 1 )   13 - 21   2017.06

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    一般的に挿し木時に発根率を上げるために行われる挿し穂に対するすべての前処理の効果を検討した。

  • マオウ属植物の栽培研究(第7報)圃場栽培株の総アルカロイド含量の経年変化と日局麻黄の生産 Reviewed

    安藤広和,倪斯然,佐々木陽平,御影雅幸

    薬用植物研究   38 ( 1 )   20 - 27   2015.06

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    石川県のマオウ栽培圃場のE.sinica株を用い、施肥条件によるマオウのアルカロイド含量の変化を調べた。

display all >>