2022/09/05 更新

写真a

美谷島 克宏 (ミヤジマ カツヒロ)

MIYAJIMA Katsuhiro

教授

職名

教授

外部リンク

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 北里大学   獣医畜産学部   獣医学科   卒業

    1986年04月 - 1992年03月

      詳細を見る

    国名:日本国

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学) ( 2010年03月   東海大学 )

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 東京農業大学   応用生物科学部   食品安全健康学科   准教授

    2016年04月 - 2018年09月

  • 東京農業大学   応用生物科学部   食品安全健康学科   教授

    2018年10月 - 現在

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 日本たばこ産業株式会社   医薬総合研究所   主任研究員

    1996年04月 - 2016年04月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 食品安全委員会農薬専門調査会

    2016年04月 - 現在

  • 日本毒性学会

    2001年04月 - 現在

  • 日本毒性病理学会

    1992年12月 - 現在

  • 日本獣医学会

    1992年04月 - 現在

  • 日本組織細胞化学会

    2009年10月 - 現在

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 実験病理学  / 毒性病理学

  • ライフサイエンス / 実験動物学  / 毒性学

資格・免許 【 表示 / 非表示

  • 獣医師

論文 【 表示 / 非表示

  • Maternal high-fat diet promotes onset of diabetes in rat offspring 査読あり

    T. Ohta, Y. Toriniwa, N. Ryumon, N. Inaba, T. Hirao, S. Yamanaka, T. Maeno, W. Sakakibara, M. Sumikawa, K. Chiba, A. Nakamura, K. Miyajima, F. Fatchiyah, T. Yamada

    Animal Science Journal   10 ( 1111 )   12606   2016年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    高脂肪食で飼育した際のSDT fattyラットの糖尿病発症に関して検討した。

  • Pathophysiological Changes With Aging in a Novel Obese Diabetic Rat 査読あり

    Ohta T, Shinohara M, Gotoh T Yamada T, Miyajima K

    Mathews Journal of Nutrition & Dietetics   1 ( 4 )   1 - 5   2016年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    高週齢のSDT fattyラットの病態を病理学的に明らかにして動物モデルとしての加齢性病変の特徴をまとめ報告した。

  • JTT-130, a novel intestine-specific inhibitor of microsomal triglyceride transfer protein, ameliorates lipid metabolism and attenuates atherosclerosis in hyperlipidemic animal models 査読あり

    Y. Mera, T. Kawai, N.Ogawa, N. Odani, T. Sasase, K. Miyajima, T. Ohta, M. Kakutani

    Journal of Pharmacological Sciences   129   169 - 176   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    新規トリグルセライド低下剤であるJTT-130について肝臓の脂質代謝、動脈硬化に対する薬理作用に関して取りまとめた。

  • Female spontaneously diabetic Torii fatty rats develop nonalcoholic steatohepatitis-like hepatic lesions

    Yukihito Ishii, Yu Motohashi, Makoto Muramatsu, Yoshiaki Katsuda, Katsuhiro Miyajima, Tomohiko Sasase,Takahisa Yamada, Tohru Matsui, Shinichi Kume, Takeshi Ohta

    World J Gastroenterol   21 ( 30 )   2015年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    雌SDT fattyラットがヒトの非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)様病態を呈することを見出し生化学,病理学的にその特徴をまとめ報告した。

  • Investigation of Gender Difference of Physiological Response in Gonadectomy in Sprague-Dawley (SD) Rats

    K. Miyajima, Y. Toriniwa, Y. Motohashi, Y. Ishii, M. Shinohara, H. Yamashiro, T. Yamada, T. Ohta

    British Journal of Medicine & Medical Research   9 ( 6 )   2015年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    雌雄ラットに性腺除去術を施し,全身状態及び脂質代謝に及ぼす影響を検討し,性ホルモンの代謝系に対する関与を発見した。

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 食品安全委員会農薬専門調査会   専門委員  

    2016年04月 - 現在   

  • 日本毒性学会   日本毒性学会認定トキシコロジスト  

    2005年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本毒性学会   評議員  

    2016年07月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本毒性病理学会   日本毒性病理学会認定毒性病理学専門家  

    1999年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本毒性病理学会   評議員  

    2014年04月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

全件表示 >>